お出かけをしました。100円ショップに行きました。櫛を買いました。水色の櫛にしようとしましたが、水色の櫛が売り切れていたので、同じ種類のピンク色の櫛にしました。そして、前の日の残りものを食べました。おでんを食べました。玉子、こんにゃく、牛肉を食べました。前の日よりも出汁の味が濃くなっていました。そして、勉強をしました。マニュファクチュア(工場制手工業)といい、大坂周辺や尾張の綿織物業、北関東の絹織物業などで天保期ころから行われはじめました。江戸時代の後期になると、都市に生活する人びとの活力に支えられて、町人文化が広まりました。この時代の文化は、19世紀前半の文化・文政時代に最盛期をむかえ、化政文化とよばれています。この時代は、幕藩体制が深く根をおろすとともに、さまざまな矛盾があらわれてきました。また、さまざまな階層の人びとの文化活動や文化の中央から地方への普及が見られ、その内容もきわめて多種多様なものとなりました。一方、学問・思想の分野では幕藩体制の動揺という現実を見て、これをどのように克服すべきかという観点から、批判的意見が出されてきた点が注目されます。文学では、政治や社会のできごとが題材とされました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です